いつまでも美しく商品をお使いいただくために、それぞれの性質に応じた方法で定期的なお手入れが必要です。


樹脂製製品・樹脂板(パネル)のお手入れ

お手入れ方法

樹脂は、ガラスと比べるとキズがつきやすい性質があります。
次の事項をよくお読みになり、手順を守ってお手入れをしてください。


日常のお手入れ
樹脂製商品・樹脂板(パネル)についているゴミ、ほこり、砂じんなどをハンドモップや柔らかい布などで軽く払ってください。
軽い汚れの場合
樹脂製商品・樹脂板(パネル)についているゴミ、ほこり、砂じんなどをハンドモップや柔らかい布などで軽く払ったあと、水で濡らした柔らかい布で軽く拭き、乾いた柔ら かい布で、十分に水分を拭き取ってください。
ひどい汚れの場合
樹脂製商品・樹脂板(パネル)についているゴミ、ほこり、砂じんなどをハンドモップなどのほこり取りで軽く払ったあと、台所用合成洗剤(液性:中性)[オレンジピール 成分を含まない]を薄めて、柔らかい布に浸し、軽く拭いてください。汚れが落ちたら、固く絞った柔らかい布で洗剤を拭き取り、乾いた柔らかい布で、十分に水分を拭き取ってください。

お手入れのご注意

お手入れにあたっては、次のものは絶対に使用しないでください。表面が変色したり、ひび割れ、変形するおそれがあります。


使用禁止の洗剤・溶剤
・市販のガラスクリーナーなどの洗剤類
・有機溶剤(ベンジン、シンナー、アルコール、石油類など)
・酸性・アルカリ性および塩素系の洗剤や薬品類(漂白剤やカビ止め剤など)
・研磨剤(クレンザーなど)がはいった洗剤類
・オレンジピール成分を含む台所用合成洗剤
使用禁止の道具
・たわし、ヘラ、やすり、硬い紙・布など

樹脂製商品・樹脂板(パネル)を強くこすりすぎないでください。キズがつくおそれがあります。
また、樹脂製商品・樹脂板(パネル)や布にゴミなどが付着したまま拭き掃除をすると、キズの原因になりますのでご注意ください。


レール(下枠)のお手入れ

お手入れ方法

レールの溝にゴミやホコリや異物がたまりますと扉の滑らかな走行の妨げとなり、故障の原因となります。掃除機やブラシでこまめに掃除をしてください。


木製商品のお手入れ

お手入れ方法

通常は乾拭きをしてください。
汚れがひどい時には、薄めた台所用合成洗剤(液性:中性)を含ませ固く絞った雑巾で拭き取ってください。
その後、必ず乾拭きをしてください。


お手入れのご注意

酸性・アルカリ性の洗剤、シンナー、ベンジンなどの有機溶剤などは絶対に使わないでください。

アルミ商品のお手入れ

お手入れ方法

汚れは、柔らかい布、スポンジなどで水洗いにより、洗い落としてください。金属たわしなどでこすると、表面にキズがつき腐食のもとになりますので、使用しないでください。

水洗いで取れない汚れは、台所用合成洗剤(液性:中性)を薄めて、柔らかい布などを使って洗い落としてください。
洗剤使用後は十分に水洗いを行い、乾いた布で水分を拭き取ってください。


お手入れのご注意

有機溶剤を含むガラスクリーナー、便器やタイル用の酸性洗浄剤やアルカリ性洗浄剤は、表面を侵し腐食のもととなりますので、使用しないでください。