インテリア建材総合カタログ
224/266

玄関収納椅子収納ベンチ室内物干雨の日や外で干したくない肌着類。どちらも室内干しで解決したいもの。実用性だけでなく、内装とのコーディネートにもマッチした商品です。使い勝手が良く、インテリアとも調和するデザインです。座板面の高さ使用条件収納ベンチ本体取り付け位置と座板面使用時の高さの関係(単位mm)座板面使用時の高さH=収納ベンチ本体取り付け位置A+110mm■玄関に収納ベンチを設置すると、自然な高さで腰をおろせ、靴の履き替えを楽に行えるようになります。■使用しない時は、収納して限られた玄関スペースを有効に使うことができます。■動作のアシストにねじりコイルばねを使用しているため、安全かつ、スムーズな操作ができます。■座面下が空いている、立ち上がり動作がしやすい形です。また、下に靴などがあっても座面を出せます。■収納ベンチは、木部に金具が取り付いた完成品での販売です。施工は完成品を壁面にねじで固定してください。収納ベンチを取付ける壁には補強部材を入れてください。スペースを取らずに靴履きをサポートします。室内の様々な場所に対応四角い竿タイプ室内の一角でスポット式(2本使い)使用時収納時昇降式昇降式廊下を使って収納ユニットの中で◇耐荷重(等分布):980.7N(100kgf)座板面使用時の床面からの高さは、収納ベンチ本体を床面からどのくらいの位置に取り付けるかによって決まります。自然な腰の上げ下ろしには座板面使用時の床面からの高さを400mm近辺にすることをお勧めします。四角い形状により、ハンガーが竿の2点に接することで、斜めになりにくく、向きが揃いやすいため、衣類間の風通しの良い状態を保ちやすくなります。また、見た目も美しく干すことができます。竿の先端にやわらかい素材を採用することで、人や物への接触に配慮しました。竿をもっとも縮めた状態でも段差が残るので、物干金物から脱落しにくくなります。やわらか素材脱落防止収納ベンチ本体取り付け位置 A座板面使用時の高さ H280290300390400410ミラノモダン+グレース関連商品規格寸法表施工のポイントベーシックSTクローゼット・可動間仕切多機能商品アルミ間仕切ソピアKITOTE和室建具プラメイクEⅡユニバーサル・バリアフリー商品室内ドア・引戸部品・部材キッチン収納・スーパースクリーン223

元のページ  ../index.html#224

このブックを見る